Home

病気と医者

病気になったらまずやること

病気になったらまずやることは休眠をすることです。身体を休めることで自分の体調を把握していくことができます。自分の体調がいつもよりも悪いと感じているのであれば、一度身体を横にすることです。その上で病院に行くかどうかを考えることです。

もしも、行かないければ治らない症状であれば病院に行く必要が出てきます。医師と話すことが不安な人もいるかもしれません。けれど、不安をなくしていくためにも医師を話をしていかなければ、前に進みません。医師と話す不安を飛び越えて解決することが大切です。解決をするためにも解決策を知っていて、解決方法を実践することができる場所や人のいる所にいくことです。

そのようにしていかなければ、日常の生活や仕事に支障をきたしてしまいます。早く解決していくことは、自分のためにもなりますし、周りの人のためにもなるのです。
健康に戻るためにはすぐに病院に行くことを考えがちです。しかし、自分の体力や体調を見ながら、少し時間を置き、対策を考えていくことも大事なのです。落ち着いて行動をしましょう。

医者を探すときの基本

妊娠してからしなければならないことはいろいろありますが、その一つが病院選びです。どの病院で産むか、子供が生まれた後に行く小児科はどこにするかなどを決める必要があります。どうしたら信頼できる医師にめぐり合えるか、不安に思っている人も少なくありません。

医者選びの基本は、自分がどうしたいのかをはっきりさせておくことです。出産や育児についての考え方は人それぞれで、医師の方針も様々です。特に、陣痛促進剤についての考え方、母乳育児への考え方、予防接種についての考え方は、合わない場合に対立しやすいので、医師の方針をよく確認しておきましょう。

また、初めての出産の場合、妊娠中によくあること、赤ちゃんによくあることでも、これは異常なのではないかと大きな不安を感じることもあります。
そのような時、お母さんの不安と向き合ってくれる医師かどうかは最も大切なことです。初診で話したいことを話せた、納得のいく説明が受けられたと感じられなかった場合は、思い切って他の病院へ行ってみましょう。

【医師募集サイト】医師転職ドットコム